今でこそ少ないが・・・

Posted by neptuneairshow.com | kagimondai | 金曜日 15 11月 2013 5:58 PM

今でこそ数は減りましたが、現代と比べて昔の時代は、「車・バイクの盗難」が至るところで発生していました。
特に、数百万円・数千万円するといった高級車の場合、購入したばかりなのに盗難に遭遇してしまった・・・。といった事例もよく耳にしました。

昔の車・バイクの鍵の形状というのは、「ディスクシリンダー」と呼ばれる形状でした。ディスクシリンダーによって開けられる鍵穴というのは、内部が平面上に形成されているが故、非常にピッキングしやすい構造になっていたのです。
ドアの鍵穴をピッキングに必要な時間は、プロの技でおよそ5分ほど。これだけ短い時間ですから、周りにバレることなく、あっさり盗難されてしまっていたのです。
今でこそ、車・バイクを盗難する為に造られたシステムである、「イモビライザー」が内蔵されている車が多くなったからこそ、盗難自体の件数は減ることにはなったんですがね~・・・。
イモビライザーというのは、車内部に搭載するコンピュータのことであり、解錠する為にはコンピュータのIDと一致する鍵を用いなければ、解錠出来ないシステムのことです。
このイモビライザーを解錠する為の鍵を、「イモビライザーキー」と呼びます。

もし、今現在所有している車・バイクがディスクシリンダー型の場合、イモビライザー式の交換をオススメします。
鍵開け業者は、鍵開けだけの業務だけでは無く、こういった鍵のタイプ交換も対応している為、是非活用して下さい。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。